体型にあったウェディングドレス選び

ウェディングドレスって、上半身のお肌の露出が高いそうなイメージがあるのですが
ドレス選びにあたって、体型などは、意外と気にしなくて良いそうです。

ただ一ヶ所だけ、体のある部分を考慮してウェディングドレス選びをすると
ぴったりなウェディングドレスを見つけられるそうです。

それは肩だそうです。
補整下着を着てラインはかなり整えますし、
スカート部分もチュールなどでボリュームが調整されるため
元々の体型が露わになりにくいそう。

ご自分の体型を考え、思い込みで、ご自分でウエディングドレスの枠を狭めている人がとても多いそうですが、それは勿体無い考えだそうですよ。
ドレスはまず自分の肩の形を知ってから選ぶとすごくキレイに見えるんだそうです。

肩の幅が狭い人は、ウエディングドレスを着るときに一番注意しなければいけないのが
顔が大きく見えないようにする事だそうです。

肩幅と比較して、顔が大きく見えてしまうと全身バランスまで崩れてしまうので、
それを避けるために、肩周りにボリュームを加えると良いそうです。

逆に、肩幅が広いと小顔には見えやすいものの、なんとなくがっちりとした印象になりがち。
だから、ウエディングドレスのデザインで、肩幅を分断して狭く見せるのがポイントですって。
例 ホルターネックやVネックなど

ご自分の肩、今一度チェックされてはいかがでしょうか。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 知りたい!ウェディングドレス All Rights Reserved.